So-net無料ブログ作成
医療・健康 ブログトップ
前の3件 | -

健康診断を受けてきました [医療・健康]

スポンサードリンク




先月、健康診断(特定健康診査)に行ってきました。

国民健康保険加入者が無料で受けられる検診です。

無料で受けられる検査項目は

○身長
○体重
○BMI
○血圧測定
○血液検査
  中性脂肪 
  HDLコレステロール
  LDLコレステロール
  空腹時血糖
  HbA1c(HGSP)
  AST(GOT)
  ALP(GPT)
  γ-GT(γ-GTP)
  クレアチニン
  e-GFR
  尿酸
○尿検査
  尿糖
  尿蛋白
  尿潜血

です。

上記の項目に加えて

肺がん結核検診として
胸部レントゲン

大腸がん検診として
2日間の検便



胃がんリスク検診(ピロリ菌感染)を
申し込んだのですが、

胃がんリスク検診は胃の痛みがあって
「パリエット」という薬を飲んでいて
既に胃に何らかの症状があると
受けられないということが分かり、
申し込みができませんでした。

そして、検診を受けに行った医療機関では
医療保険を使って心電図と血管年齢を
追加できるとのことで受けてきました。

検便は2日分を後日持っていきました。

肺がん検診として検査した胸部レントゲンは
レントゲンを専門に診断する医師が判断するため
結果が分かるのは1ヶ月ほど後とのことでした。

そのほかの検査は1週間ほどで分かるそうですが、
全部まとめて聞きに行くことにしました。

今月末には結果が分かりますが、常に高い
コレステロール値が心配です。




今日も読んでいただき、ありがとうございました。











スポンサードリンク






胃がん検診(ピロリ菌感染の有無) [医療・健康]

スポンサードリンク




「胃がんリスク検診」なる、受診券が届きました。
私は「胃がんリスク検診」の対象者ということでした。

ちなみに「胃がんリスク検診」とは

血液でピロリ菌感染の有無と萎縮性胃炎の有無を検査し
胃がんになりやすいか否か、胃がんの危険度(リスク)を
判断するための検診で胃がんを発見するための検診
(胃がん検診)ではありません。

と解説してありました。

考えてみればピロリ菌の検査はしたことがありません。

一度受けてみたいと思っていましたので
受けるつもりです。

検診料は1,300円です。

私は国民健康保険加入者で毎年この時期に
健康診断の受診券が届きます。
今年も「胃がんリスク検診」の受診券と前後して
届きました。
毎年受けていますが、基本項目と貧血以外は
受けていませんでした。

がん検診の案内もあったのですが、
無視していたというか、目に留めていませんでした。

胃がん検診

大腸がん検診

肺がん結核検診

胃がんリスク検診

そして

女性には

乳がん検診

子宮頸がん検診

が受けられるようになっていました。
こんなに受けられるようになっていたんですね。

おまけに国民健康保険加入者は無料です。

今年はくまなく受けに行ってきます。

それもこれもテレビのさまざまな番組で
取り上げられ、自分の健康状態を把握する
ことの大切さを教えてもらったおかげです。




今日も読んでいただき、ありがとうございました。







スポンサードリンク






腸内フローラ!新しい治療とは? [医療・健康]






腸内フローラをテーマにしたテレビ番組が
増えています。

今夜も「みんなの家庭の医学」で取り上げられます。

そこで、今年元日に再放送されたNHK制作の
「腸内フローラ」の中から「新しい治療」を
まとめてみました。



腸内フローラの新しい治療とは?

それは「便微生物移植」です。


患者の腸に健康な腸内フローラをそっくり移植すると
いうものです。

健康な人の便を水で溶かし、食物繊維など
不要なものをろ過し、腸内細菌だけを患者の大腸に
内視鏡を使って流し入れる方法です。

アメリカでは既にこの治療が実用化されているとのこと。

「ディフィシル感染症」という
クロストリジウム・ディフィシルという菌が腸内で
異常繁殖する腸の病気の治療に用いられ、
92パーセントの治療率です。


日本での治療はどうか調べてみました。

日本の場合、医療保険を使って治療として受けられるのは
潰瘍性大腸炎などで、この治療を行っている医療機関は
まだ多くはありませんでした。

自費で行っているところもありましたが、
費用は事前の検査などを含み100万円近く必要でした。

「大腸内視鏡検査」を受けるように、
「便微生物移植」治療が便秘でも医療保険で
受けられる日が来るのを期待します。

私の気持ちはこの治療法が保険を使えるようになった
としても、前回の記事で書いたように、食物繊維をとって
腸内環境を整えていけるよう、努力したいと思います。




今日も読んでいただき、ありがとうございました。














前の3件 | - 医療・健康 ブログトップ
So-net無料ブログ作成

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。