So-net無料ブログ作成
検索選択

腸内フローラ!新しい治療とは? [医療・健康]






腸内フローラをテーマにしたテレビ番組が
増えています。

今夜も「みんなの家庭の医学」で取り上げられます。

そこで、今年元日に再放送されたNHK制作の
「腸内フローラ」の中から「新しい治療」を
まとめてみました。



腸内フローラの新しい治療とは?

それは「便微生物移植」です。


患者の腸に健康な腸内フローラをそっくり移植すると
いうものです。

健康な人の便を水で溶かし、食物繊維など
不要なものをろ過し、腸内細菌だけを患者の大腸に
内視鏡を使って流し入れる方法です。

アメリカでは既にこの治療が実用化されているとのこと。

「ディフィシル感染症」という
クロストリジウム・ディフィシルという菌が腸内で
異常繁殖する腸の病気の治療に用いられ、
92パーセントの治療率です。


日本での治療はどうか調べてみました。

日本の場合、医療保険を使って治療として受けられるのは
潰瘍性大腸炎などで、この治療を行っている医療機関は
まだ多くはありませんでした。

自費で行っているところもありましたが、
費用は事前の検査などを含み100万円近く必要でした。

「大腸内視鏡検査」を受けるように、
「便微生物移植」治療が便秘でも医療保険で
受けられる日が来るのを期待します。

私の気持ちはこの治療法が保険を使えるようになった
としても、前回の記事で書いたように、食物繊維をとって
腸内環境を整えていけるよう、努力したいと思います。




今日も読んでいただき、ありがとうございました。














nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

So-net無料ブログ作成
検索選択

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。